Tokyo Jitsugyo Corporate Pension Fund

東京実業企業年金基金

メニュー

給付のしくみ

加入者期間に応じて年金または一時金がうけられます

  • 基金の給付は、加入者期間および退職時年齢によってうけられる給付内容(年金・一時金)が変わります。
  • 60歳になるまでの加入者期間が10年以上あり60歳に達した人は、基金から年金をうける権利を取得します。年金は、本人の希望に応じて一時金としてうけとることもできます。
  • 60歳になるまでの加入者期間が10年に満たない人が加入者期間1年以上で退職(資格喪失)した場合には、資格喪失時に脱退一時金が支払われます。将来、年金でのうけとりを希望する場合、脱退一時金の原資を転職先の企業年金制度や企業年金連合会等へ持ち運ぶ(移換)することもできます。
  • 60歳になるまでの加入者期間が10年以上あり60歳前に退職した人も、脱退一時金相当額を移換することができます。

「ポータビリティ制度」

■加入者期間と給付のイメージ
加入者期間と給付のイメージ

うけられる給付

  • 加入者期間や退職時の年齢に応じて、年金(一時金)の給付内容などが変わります。
  • 以下の加入者期間と退職時年齢をチェックして、あてはまる給付内容をクリックすると、給付の詳細が確認できます。
加入者期間 退職時年齢 給付内容
1年未満 - 基金からの給付はありません
1年以上
10年未満
- click
10年以上 60歳未満 click
60歳以上 click