Tokyo Jitsugyo Corporate Pension Fund

東京実業企業年金基金

メニュー

年金・一時金の裁定請求

基金の年金は、加入者期間によってうけとり方法を選択できます

  • 退職の際、「年金」もしくは「一時金」の選択をしていただきます。
  • 退職(資格喪失)すると、当基金より「年金・一時金請求のご案内」を送付します(年金の受給開始時期は、60歳から70歳までの範囲で選択することができます)。
  • ※加入者期間10年以上の人が在職中に60歳に達したときは、在職中に年金をうけることもできます。その場合は、所定の手続が必要となりますので、基金にご相談・ご照会ください。
  • 60歳になるまでの加入者期間が10年に満たない人が加入者期間1年以上で退職したときに、脱退一時金がうけとれます。

「ポータビリティ制度」

退職時には、「年金の選択」もしくは「一時金の請求」の手続が必要です

  • 加入者期間や年齢などの要件を満たしていても、ご自身で請求手続を行わないと、実際に基金の年金や一時金をうけることはできません。
  • 確実に給付をうけるために、いつ、どんな手続が必要なのか、早見表で確認してみましょう。
加入者期間 退職時年齢 給付内容
1年以上
10年未満
- 脱退一時金 または 他の制度に移換
(ポータビリティ制度)
10年以上
(60歳までの加入者期間10年以上)
60歳未満 脱退一時金 または 60歳から年金
(脱退一時金の繰下げ)
または 他の制度に移換
(ポータビリティ制度)
60歳以上 年金 または 一時金
10年以上
(60歳までの加入者期間10年未満)
60歳以上 脱退一時金 または 他の制度に移換
(ポータビリティ制度)
Column基金の年金の支給月

基金の年金は、年6回に分けてお支払いしています。

年金の支払日は、偶数月(2月、4月、6月、8月、10月、12月)の第1営業日で、前2ヵ月分の年金がご指定の金融機関の口座に送金されます。

なお、企業年金基金(確定給付企業年金)から支払われる年金は、支払金額から一律7.6575%(7.5%+復興特別所得税)が源泉徴収されることとなっています。

なお、国の年金の支払日は、偶数月の15日(金融機関が休日の場合は前営業日)です。

■年金支払日のイメージ(6月退職の場合)
年金制度の全体像